サーマルカメラ検温装置について【発熱者赤外線スクリーニング】

新型コロナウィルス対策に検温をお考えの事業者様、発熱の疑いのある方一人ひとりに検温することで、複数のスタッフが割かれていませんか? 

弊社の商品を使用し、来場者(入場者)様ご自身で簡単に体温を把握することで、人員削減することができます。

弊社はこれまでに培った技術を応用し、大型モニターと高性能サーモグフィーを用いて、歩行者を止めずに検温できる自動検温装置で発熱者をスクリーニングできる新型コロナ対策用システムの導入、設置をいたしております。お客様に話を聞くと、よくあるのが、「安かったので、中国製の監視カメラを改良したサーモグラフィーと、海外製パネルの組合わせ商品を発売している業者から買ってしまい、測定と表示スピードがとにかく遅く、イライラさせられて買い直した」というケースです。。弊社商品は、日本メーカーの専用品ですので、誤測定や不具合が少なくなり、スムーズな測定と表示ができます。

取引先の例といたしまして、大手企業、大きな施設や、病院、工場等への納入実績があります。

このように、非常に高性能サーモグラフィーで誤差0.2℃で瞬時に測定することができます。複数人同時測定も可能で、発熱症状の可能性がある方を瞬時にスクリーニング、アラートでお知らせし、検温に関わる人員削減に貢献することができます。

十人以上の同時測定も可能ですが、万全を期すため、また、密を避けるという意味でも少人数ずつでの測定をおすすめしております。サーモグラフィーは医療機器ではありませんので、発熱の疑いがある方には、体温計での検温を重ねて行う正確な体温測定が可能となります。

大型パネルを使用し、来場者(入場者)様ご自身でも簡単に体温を把握することができ、アラーム音で発熱者の入場を留まらせることができます。ご利用いただいている事業者様からは検温に関わる人員が削減できたと大変喜ばれております。また、安全衛生意識の高さを社外へアピールすることで企業イメージの向上にも繋がります。

肝心の価格ですが

2020年6月2日に「NHKニュースおはよう日本」で同様の商品を扱う企業が取り上げられました。

弊社は新型コロナと闘う事業者様に対しまして応援する意味でも利益度外視、ほとんで原価での対応をさせていただいております。正直に言いますと、取り付け費用の数万円だけが粗利です。

同様の商品を扱う企業の価格例です。   

  • A社 100万円~(原価70~80万弱)
  • B社 50万円+保守費月々3万円
  • C社 中国産サーモグラフィーで50万円(原価20万円)

弊社では某A社と同等の商品を扱っています。誤差や不具合、故障の多い中国メーカーのサーマルカメラは安くてもおすすめできません。精度が命の測定機器は国産ブランドの中でも品質のいい物、検温に特化したものがおすすめです。

肝心の価格ですが、国産有名メーカーの高性能サーモグラフィー、50インチモニター、取り付け設置費用全て込みで、

799,800円で提供いたしております(他店では100万以上する商品で、税込み価格です)。50インチ大型モニターは最終的にデジタルサイネージ(電子看板)や、WEB会議やオンライン会議用モニターとして利用することができるので、無駄にはなることもありません。他製品より不具合が少なく、正確な測定ができるサーモグラフィー、自信を持っておすすめができる商品をできる限り安く提供しております。その他の費用は一切かかりません。

※現在、数多くのお問い合わせを頂いており、返信に時間を頂いております。また、製造元の生産が追い付いていないため、ご注文から二週間ほど頂いております。また、残り台数わずかとなっております。

(一刻も早く設置してほしいという切なお声をたくさん頂いており、弊社一同、心苦しく感じております。今しばらくお待ち頂きますようお願い申し上げます)

大型モニターは、50インチ以外にも55、65、75インチと様々なサイズに対応しておりますが、モニター価格は随時変更しておりますので、お問い合わせフォームから確認をして頂くようお願い致します。また詳しい製品仕様、お見積り依頼等、下記フォームから承っております。

現在入荷未定となっております。生産状況が未定のため、誠に申し訳ございませんが、
ご注文をお受けすることができません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です